ミネラルウォーターの賞味期限

災害時のためにミネラルウォーターを常備しておいても、いざという時に賞味期限が切れてしまっていては問題外です。せっかくの保存水ですから、賞味期限をチェックして余裕を持って定期的に入れ替えるようにしましょう。ちなみに容器の性質からすると、賞味期限を過ぎたペットボトルは、新鮮なペットボトルのミネラルウォーターよりも味が悪くなる可能性があります。

災害時にはどれくらいの飲料水が必要とされるのでしょう。一般的に1人当たり1日に2リットルの水が必要だと言われています。その内訳としては、飲用で500ml、調理用で1.5リットルです。災害直後には緊張が高まるため普段よりも小まめに水分補給が必要だと言われています。そのため保存水を常備しておくなら最低でも3日分の蓄えが必要だと言われています。保管方法としましては、ダンボールに書かれている賞味期限が外から見えるように積み上げていきます。また、保管庫に賞味期限の日付を張っておくとより効果的です。保管場所としましては、冷暗所がベストです。また香りや臭いの強いものとは一緒に保存しないようにしましょう。

保存水してのミネラルウォーターを購入する際には、大量の水を一度に購入し持ち帰らなくてはいけません。想像しただけでもかなりの重労働ですよね。そこでお勧めなのが水の通販や宅配サービスです。注文しておけば自宅まで重たい水を届けてもらえる画期的なサービスです。水の宅配と言えば、最近流行っているのがウォーターサーバーです。保存水をストックしておくのも良いですがウォーターサーバーを一度契約しておくと、災害時にも優先して安全な水が届けてもらえるので安心ですね。

新着情報

真水が飲めるウォーターサーバー ウォーターサーバーを利用すれば、真水が飲めます。それもただの真水ではありません...
リターナブル方式の宅配水 リターナブル方式の宅配水を頼むと、使い終わったボトルをスタッフが回収に来てくれる...
ガロンボトルについて ウォーターサーバー業者によって、宅配水のボトルの形状が異なります。ガロンボトルは...
ボトルの洗浄は必要なのか? 水宅配では、ウォーターサーバーという機器を使います。細長い機器で、その上に宅配水...
アルカリイオン水ってどうなの? アルカリイオン水は、水を電気分解することにより、アルカリ性の水を作り出したもので...