トップページ > アルカリイオン水ってどうなの?

アルカリイオン水は、水を電気分解することにより、アルカリ性の水を作り出したものです。電気分解をすると、マイナスの電極に触れている水が水素になります。そのまわりの水が水素イオンを含むアルカリ性になります。一方で、プラスの電極では、酸素と酸素イオンを含む、酸性の水が生成されます。 

アルカリイオン水には、水道水や天然水が使われます。原水にはミネラルが溶け込んでいます。電気分解すると、マイナスの電極側にカルシウムイオン、カリウムイオン、マグネシウムイオン、ナトリウムイオンなどの陽イオンが集まります。プラスの電極には塩化物イオン、炭酸イオン、硝酸イオン、硫酸イオンなどの陰イオンが集まります。アルカリイオンは、このマイナス側の電極にミネラル分を集めます。ですから、ミネラルを多く含んだ水ということになります。 

アルカリイオン水でお茶や水割りをつくると、体が酸性に傾くのを防げる、と言われています。体が酸性に傾くと、酸化は少なくなります。抗酸化作用が生まれるというわけですね。 

アルカリイオンでお米を炊くと、ご飯が美味しく炊ける、という効果もあります。お茶や炊飯でアルカリイオンを使う一定の効果はあるようです。 

一方で、同時に生成される酸性水は、飲用には適しません。しかし洗顔などに使うと、ピーリング効果が期待できます。お風呂で使うと、ピーリング効果でお肌がツルツルになります。マイナス電極の水、プラス電極の水ともに、利用価値があるわけです。